おしらせ

Akane とは

※MQTT as a Service Sango のページへ移動します

主な特長

MQTT 3.1.1 準拠

Akane は、MQTT Ver.3.1.1 に準拠しています。おもに、下記の機能を使用することが可能です。

QoS の設定

メッセージごとに到達保証に関するQoS (サービスの品質) が指定できます。

  • QoS0 :メッセージは最高 1 回配信されます。メッセージはTCP/IP ネットワークのベストエフォートに従って送信されるため、メッセージが送信先に届くかは保証されません。
  • QoS1 :メッセージは最低 1 回配信されます。メッセージが送信先に届くことが保証されますが、重複して届く可能性があります。
  • QoS2 :メッセージは正確に 1 回配信されます。メッセージが過不足なく 1 回のみ到着することが保証されます。

Akane では、QoS1,2 はクライアントができるだけパケットを取りこぼさないことを重視し、QoS0 は、より性能を重視します (秒間 10,000 処理保証)

セッション機能

ネットワークが切断した場合、切断中に送られていたメッセージを再接続後に受信することができます。

Will 機能

MQTTブローカーは、クライアントとの通信が意図しない理由で切断された場合に、Willで指定されたトピックをサブスクライブしているクライアントへ、Willメッセージ(遺言)を送信できます。

Retain 機能

トピックごとに、パブリッシュされた最新のメッセージをMQTTブローカーが保持しておき、新しいサブスクライバーにそのメッセージを送信することができます。

ユーザー名 / パスワード認証

クライアントが最初にブローカーに接続するとき、ユーザ名とパスワードによる認証ができます。

TLS 接続

クライアントの認証に使用するパスワードはクリアテキストで送信されるため、TLS (Transport Layer Security) という暗号化された通信で接続することにより、セキュリティを確保できます。

クラスター構成対応

Akane はクラスター構成を取ることが可能です。

コマンドひとつでクラスターへの参加が可能です。
クラスター構成を取る場合、他のノードに接続しているクライアントにも、適切に効率よくメッセージが配信されます (図参照)。

【例】クラスター構成(3台)

3台でクラスター構成を組む Akane の ノードA に接続するサブスクライバー1 は、トピック 1 を、ノードB に接続するサブスクライバー2 は、トピック1と2の両方を、ノードC に接続するサブスクライバー3 は、トピック 2 をサブスクライブしている。

  1. パブリッシャー1 が、Akane ノードB にトピック 1 でメッセージを送信する
  2. Akane ノードB は、メッセージを Akane ノードAへ転送する
    (Akane ノードC には、トピック 1 をサブスクライブするサブスクライバーが接続していないため、ノードCには転送しない)
  3. ②’Akane ノードB は、サブスクライバー2 へメッセージを配信する
  4. Akane ノードA は、サブスクライバー1 へメッセージを配信する

メーカーによるサポート

Akane は、一から開発したメーカーならではの迅速で柔軟なサポートを提供します。

Akane は時雨堂が一から開発したパッケージ製品です。
パッケージの仕様だけではご要望を満たせない場合、柔軟なカスタマイズも可能です。
導入前のコンサルティングから導入後の保守・メンテナンスまで一括して迅速なサポートを提供します。

その他の独自機能、パフォーマンス

ユーザに関する制限管理

セッションに関する制限管理

リトライの挙動管理(QoS 1 または 2 を使用時)

Retain の挙動管理

$SYS トピック

パフォーマンス、キャパシティ

動作環境

※その他の Linux OS についてはお問い合わせください。

ライセンス料金

Akane を使用するには、1年ごとに「年間ライセンス」をご購入いただく必要があります。
クライアントからの「同時接続数」と Akane をインストールするサーバーの「用途」によって、ライセンス料金が異なります。
「同時接続数」とは、実際に Akane に接続している状態のクライアントの数を指し、Akane とクライアントの間に張られている TCP コネクション数に等しいものです。

Akane 1ノードあたりの年間ライセンス料金 (税別)

同時接続数 用 途
本番環境用 (Commercial) 検証環境用 (Experimental)
100 以下 ¥ 600,000 ¥ 150,000
1,000 以下 ¥ 1,200,000 ¥ 300,000
10,000 以下 ¥ 2,400,000 ¥ 600,000
100,000 以下 ¥ 4,800,000 ¥ 1,200,000

料金例

¥1,200,000×2ノード+¥300,000×2ノード=¥3,000,000

プラットフォームライセンス

Akane では、下記のような事業者様のご要望に合わせて、「プラットフォームライセンス」をご用意しています。

このライセンスでは、まとまったノード分のライセンス費用を最初に一括でご購入いただく代わりに、個別に年間ライセンスを買うよりも大幅な割引料金で
ご提供します。その後はランニングコストとして、サポート費用のみが発生します。定期的な顧客の増加を見込んだり、今後、サービスのラインナップを増やしたりする
事業者様にとっては柔軟性があり、全体の費用を抑えることができるライセンスです。詳細はお問い合わせください。

製品保守・サポート

ライセンスをご購入いただいたお客様はどなたでも、製品のアップデータやサポートサービスをご利用いただくことができます。
サポートは弊社営業日 (平日10:00-17:00) 、専用のEメールアドレスにて受付けます。

コンサルティング・カスタマイズ

コンサルティングやカスタマイズのご相談

Akane はフルスクラッチで開発しており、当社の MQTT に関する豊富な知識とノウハウによって、お客様のご要望に合わせたカスタマイズも可能です。
また、必要に応じて、使用期限付きの評価用ライセンスをご提供いたします。お気軽にご相談ください。

まずは MQTT を体験してみる

※MQTT as a Service Sango のページへ移動します

トレーニングのご相談

MQTT にご関心のある技術者様を中心に、Akane の具体的な使い方やMQTTに関する講習会を行っております。
お気軽にご相談ください。

お問い合わせ

製品に関するご質問・ご要望は、下記までお寄せください。
akane@shiguredo.jp

時雨堂の MQTT 製品とサービス

「Akane」の他、当社では、MQTT as a Service「sango」および MQTT Gateway「Fuji」をご用意しています。